新松戸ハートクリニック 各種ワクチン・予防接種Vaccination

新松戸ハートクリニックで接種可能なワクチン。

インフルエンザ予防接種

インフルエンザってどんな病気?

インフルエンザウイルスの感染で、高熱、鼻汁、セキ、全身倦怠感などの症状がでます。Aソ連型、A香港型、B型、新型などのウイルスは毎年少しずつ変異し流行を引き起こします。

接種を受ける時期と間隔は?

●対象者年齢
接種は生後6ヶ月から可能ですが、任意接種です。
なお、呼吸器系、心臓血管系などの持病がある人は特に接種を特にお勧めします。

※インフルエンザワクチンの接種は希望者の任意接種です。
※他の予防接種までは1週間以上あけてください。

インフルエンザワクチンの副反応は?

●接種部位が赤く腫れる程度で、発熱、頭痛など副反応はほとんどありません。

ページトップへ戻る

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ってなに?感染するとどうなるの?

肺炎球菌は、多くの人の鼻やのどにいる、身近な菌です。ふだんはおとなしくしていますが、体力や抵抗力が落ちた時などに、いつもは菌がいないところに入り込んで、いろいろな病気(感染症)を引き起こします。

肺炎球菌が起こす病気

●細菌性髄膜炎(さいきんせいずいまくえん)
脳や脊髄をおおっている髄膜に菌が進入して炎症を起こす。

●菌血症(きんけつしょう)
血液の中に菌が入り込むこと。放っておくと、血液中の菌がいろいろな臓器にうつり、髄膜炎などの重い病気を引き起こす心配がある。

●肺炎(はいえん)
肺炎球菌という名の通り、肺炎の原因になる。症状が重く、入院が必要になることもある。

●中耳炎(ちゅうじえん)
カゼなどで抵抗力が落ちたときに、耳の奥に感染し、症状を起こす。肺炎球菌が原因の中耳炎は、何度も繰り返し、治りにくいことがある。

このほかにも、副鼻腔炎、骨髄炎、関節炎なども肺炎球菌によって起こります。

肺炎球菌ワクチンについて

肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます。

●予防できる病気
肺炎球菌による髄膜炎や菌血症、菌血症を伴う肺炎など。

●効果
接種してから免疫(抗体)ができるまで、平均でおよそ3週間ほどかかります。
1回の接種で5年以上免疫が持続するといわれています。
季節を問わず接種可能です。

接種推奨者

●65歳以上の方
●慢性閉塞性肺疾患(COPD)の方
●糖尿病の方
●養護老人ホームや長期療養施設などに居住されている方 など

肺炎球菌ワクチンの副反応は?

●ワクチンを接種した後に、発熱や接種部分の腫れなどの副反応が起こる頻度は、ほかのワクチンと同じ程度です。

ページトップへ戻る

子宮頚癌(しきゅうけいがん)ワクチン

子宮頚癌(しきゅうけいがん)てどんな病気?

子宮は、女性にしかない特別な臓器のひとつです。この子宮の入り口付近、「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできるがんを、「子宮頸がん(しきゅうけいがん)」といいます。
子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあります。たとえ妊娠や出産を望まない女性であっても、後遺症が残り仕事や生活に影響するなど失うものは多大なものです。また、がんがもっと進行してしまった場合は、生命そのものに対して重大な影響を及ぼすおそれがあります。
しかし、子宮頸がんは原因やがんになる過程がほぼ解明されている、予防ができるがんです。また、定期的に検診を受けることで、がんになる前に発見し、子宮を失わずに治療することが可能です。

接種を受ける時期と間隔は?

●対象者年齢
10歳を過ぎたら、年齢と関係なく接種できます。
●回数
合計3回の筋肉注射
初回接種 ⇒ 初回接種から1ヶ月後 ⇒ 初回接種から6ヶ月後

※希望者の任意接種です。

子宮頚癌(しきゅうけいがん)ワクチンの副反応は?

●頻度10%以上:かゆみ、注射部分の赤み、痛み、腫れ、胃腸症状(吐き気、嘔吐、下痢、腹痛など)、筋肉の痛み、関節の痛み、頭痛、疲労
●頻度1〜10%未満:発疹、じんましん、注射部分のしこり、めまい、発熱、上気道感染
●頻度0.1〜1%未満:注射部分のピリピリ感、むずむず感
●頻度不明:失神、血管迷走神経発作(息苦しい、息切れ、動悸、気を失うなど)
※重い副反応として、ごくまれに、アナフィラキシー様症状(血管浮腫、じんましん、呼吸困難など)があらわれることがあります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Shinmatsudo Heart Clinic All Rights Reserved.