禁煙外来

保険適用になり、気軽に禁煙へのスタートをきることができます。

2006年4月から禁煙治療が保険適応されることになりました。これは喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく「ニコチン依存症」という病気としてとらえ、必要な治療を行うという考え方です。
この治療は全12週間のニコチンを含まない飲み薬(チャンピックス)による禁煙プログラムとなっております。

保険適応対象者

禁煙外来の保険適応は、以下の基準をすべて満たす方が対象となっております。

1. 1日の喫煙本数と喫煙年数を掛け算した数値が200以上の方。
(例:1日20本の喫煙を15年続けている方→20×15 = 300)
2. 直ちに禁煙を開始する意思のある方。
3. ニコチン依存度テスト(筆記)によって、依存が認められる方。
(例:禁煙したり本数を減らしたときにイライラや頭痛などの禁断症状がありましたか?
重い病気にかかって、たばこはよくないとわかっているのに吸う事はありましたか? など)
4. 全12週間のプログラムに参加いただくことを、署名で同意していただける方。

※一つでも該当しない方は保険適応とはなりませんので、自由診療(自費)で料金を負担していただきます。
※プログラムの途中で残念ながら再喫煙されてしまった場合、その後1年間、保険の適応は認められません。 

禁煙外来の流れ


1. 簡単な問診表とに記入してもらいます
矢印
2. 診察
・喫煙状況、禁煙の準備性の問診
・禁煙補助薬 飲み薬(チャンピックス)の説明と処方
矢印
3. 検査
・呼気一酸化炭素濃度の測定
矢印
4. 保健指導
・禁煙開始日の決定 (初診を1回)
・禁煙にあたっての問題点の把握とアドバイス等
・次回の受診の予約 (再診を4回)

 

料金一例(初診料(1回)+再診料(4回)の場合)


自費診療
(10割負担の場合)
保険診療
(3割負担の場合)
初診料(1回)+再診料(4回)
7,820円
2,346円
ニコチン依存症管理料
9,620円
2,886円
院外処方箋料
2,720円
816円
禁煙補助薬
37,660円
11,298円
57,760円
17,346円

※上記の金額は参考価格です。診察の内容により変動します。ご理解の程お願い申し上げます。